【書評】バカとつき合うな。西野亮廣 堀江貴文 感想 ってか自分語り

書評
スポンサーリンク

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

↑サービスクリックお願いします。↑

こんにちは サラリーマンで中古車も売ってるチョーバ(@reloopkitami)です。

ひっさいぶりの書評。もう書き倒されてるような本ですが 奥さんに買ってもらえたので書いておきます。

もしかするとバカと付き合ってると思われてるのではないかと考察しております。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/20時点)

楽天で購入

 

 

 

ホリエモンとキンコン西野の本。

個々人でも出す本出す本売れるんですから2人の本となれば売れるの当たり前。

発売1か月で19万部でたそうです。。。。。

この本の裏表紙にはこんなことが書いてあります。

 

善意のバカは本当にタチが悪い。

バカにもいろいろあるけれど、自分がいい事をしていると信じて疑っていないから、

なにを言っても耳を貸さない。

つまり、バカの中でも止めようのないバカという意味で最悪です。

西野亮廣

我慢を美化してしまうケースは、世の中にたくさんある。

嫌な上司に付き合うのも、これは我慢だから、社会人としての成長になるんだとかね。

つまり、バカと付き合うのもいいことだと、というとんでもない考え方をし始める

堀江貴文

 

これを読んで どう思うかは個人個人違うと思うけど、この本を買っている層の人は

自分が当てはまっていないのか?を考えると思う。

まだ裏表紙なのに。

なにも始まっていない、この先が長そうだ、、、、、

この本には28のバカが出ている。

はじめに、、に、ある。

バカはある意味、普遍的なんです。

いつ、どこ、時代を問わず一定数のバカがいる。

だとしたら、自分が出来る事はふたつ。

バカと付き合わない事。

バカにならない事。

これから新しい時代が到来するし変わり目だ。ってことは間違いないし現実そうだけど人間のあり方はそう変わっていない。

変わる必要があるし 変わらないバカでいることになる。

特にワタクシの様な親って世代は時代に乗らないと子供たちにこれからのルールを教える事も出来ないし、子供が自らその道を見つけても、しょうもない今までの常識で否定してしまうかもしれない。

子供に偉そうに勉強しろ、勉強しろ、っていうからには親も勉強をしないとめまぐるしく変わる時代に取り残されバカになっていってしまう。

この危機感って持ってる人、ほんと少なすぎると思っています。

自分が親から言われた何十年も前の常識を子供に押し付けて、先を見ない これではいけない。

大人になると考えも頑なになって 自分の常識を世界の常識に思ってしまう大人も多いです。

そんなバカにならない様にこの本はあるのかもしれません。

次からは好きな話をピックアップして書きます。

 

人と同じことをやりたがるバカ

これなんとなくわかりますよね。

みんなとおなじことをやりなさい。先生、上司、友達

暗に幅を利かせてる考え方です。

簡単、みんなと違うことやればうまくいきます。学校でも職場でも

どこをまじめにやって、どこをサボるのか。

みんながやってることはやらないで、みんながしていないことをすると得しかないんです。

これはほんと1回試してみたらいいですよ。勉強も仕事も勝つためにどうしたらいいか?

これ 意外と考えてない人多いので 今の境遇の中でどうしたら効率がいいのか?は1度考えてみて下さい。

 

孤独を怖がるバカ

僕、付き合い悪いです。ほんと、人見知りだし大勢でワイワイとか苦手だし。

孤独を恐れる人って多いですよね。みんなでいる時に1人きりで居れない人。

世にあふれる会社員時代は同僚、部下とアフター5に飲みまくってのに定年退職して、いざ自分の自由な時間を持った時に付き合ってくれる仲間が誰もいなかった。で結局、行く場所なくて家にずっといる的なやつ。

本書でもありますが その人間関係は他人の時間が終われば同時に終わるもの、それは本質的に自分の人間関係ではなかったってこと。

たまに不動産のセミナーに行かせてもらいます、そこでの懇親会の楽しいことったらないです。

みんな過去の話なんて一切せず、

未来の話をするんです、あぁなりたい、こうしていきたい、こういう話はほんと楽しいです。

自分が本当にやりたいことをして、自分の時間を生きていたらそれにふさわしい新しい人間関係ができると思います。

 

西野亮廣というバカ

ホリエモンも西野亮廣は現代で1番手本になる、最良のバカだって言ってます。

この人の本読んだり、講演会に行ったりしてる人はわかると思いますがホリエモンと言ってることあんま変わりません。

ってことは一定の場所にいる人って考え方は同じで その意識は持っていたほうが何かと得するんじゃないか?って確信のない思いを個人的に思います。

どんなチャレンジでも100%成功する保証なんてどこにもない。

成功するかもしれないし、失敗するかもしれない、、、であるなら考えてもしょうがない。

バカは先の事を考えず突進していく、いっぱい考えて行動した小利口よりコスパはいい。

そうやってバカは人より多くバッターボックスに立ちます、バットふらなきゃヒットは出せないんだから振りまくったやつがヒットを多く打つ。当たり前の事

西野亮廣はいっぱいバットを振っている。だからヒットをいっぱい打ってる、当たり前の事なのかもしれません。

僕も今、不動産と中古車をやっています。

不動産は昔

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 借金ナシではじめる激安アパート経営 /加藤ひろゆき【著】 【中古】afb
価格:657円(税込、送料別) (2019/6/20時点)

楽天で購入

 

 

この本を なぜだか忘れましたが買って読んで

 

俺でもできそう。

 

って思ったのがきっかけでした。

お勧めの金持ち父さん貧乏父さんも読みました。

 

そこからは健美屋のサイトで不動産投資をしてる人たちのブログを毎日読みまくりました。

すごい衝撃だったを覚えています。普段生きてるとアパートのオーナーのことなんて考えません。

でも当たり前の話ですが 田舎のアパートから都会のマンションまでオーナーがいてその人たちは周りの人間とはまったくちがう思考をしてる。

知らないを知るは知的好奇心をくすぐります。ほんとすべて本で読む事、ブログで読む事面白くて仕方なかったです。

言うほど物件も持っていないですし、借金ビビりの弱小大家ですが これ位のペースがいいです。

 

中古車ももともと車好きで いろいろな車に乗りたいな くらいの気持ちで始めたのがきっかけです。

自分の乗ってる車を売れたらいいな くらいの気持ちで ジモティにだすと意外に売れた。

これは嬉しかったですね。新車で買ってしまったセレナ、不動産勉強をしているとそれがいかに不経済なのかがとても実感できて

ほんとローンを払いたくなくなったのが原因です。有難いことに190万円で売れてローン返せました。

そこからは安い車を買って売って(古物商は持ってます)協力してくれる人もできて 楽しくやれています。

家も、中古車も一定の失敗はいっぱいしていて眠れない夜もありました。

でも、この積み重ねは自分のものです。成功も失敗も自分が決めた事なので仕方ないです。

これは会社員だけしてると経験できないことでバットを振った結果です。

これがこの先、いつか実を結ぶと信じてやっていきます。

なにより 楽しいので苦になりません。会社の仕事も自分の仕事も同じ仕事ですが

疲れ方は全く違います、

それは他人の時間を生きているのか自分の時間を生きているのかの違いだと思います。

 

俺には才能ないから とか そんなに頭良くないから と言わないでとりあえずやってみる事をオススメします。

暇って時間は一切なくなりますよ。楽しいです。

 

書評ではなく言いたいこと言っただけになってしまいました。

文字だけの本は苦手 って気持ちはわかりますが 読んでみると楽しいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・魔法のコンパス (角川文庫) [ 西野 亮廣 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2019/6/20時点)

楽天で購入

 

 

この本も買いました 今度書きます(いつになることやら)

お問い合わせフォーム作成しました。
恋文、苦情、車のお問い合わせ、その他なんでもメッセージお待ちしていますww
ありがとうございました

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ

コメント