【書評】ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣 本田直之

書評
スポンサーリンク

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

こんにちは サラリーマンで中古車も売ってるチョーバ(@reloopkitami)です

 

最近流行の書評シリーズ、考えてもみたら本はいっぱい読んでるものの記録に残してないので

 

忘れて また買ってる ってことがあるので 記録に残してみることにします。

 

ってことで

 

 

ゆるい生き方

本田直之

よくある何個の習慣シリーズw
思考を変えればってやつですね。

 

まー、みんな何かに怒ってて忙しそうw
他人の思考に触れて
なるほど
と思う、これだけでも少し気持ちは変わるもんですよ。
この本の思考編はどれもなるほどな内容で必見です。
習慣5
何事も60点主義で考える。
満点ではなく合格点を狙う。
ここで大事なのは自分が60点で生きていると
他者にたいしても60点主義で接することができるってことで
他人の些細なミスに腹をたてるより、合格点ならオーケーって思えるようになれる。
みんなしょうもないことにピリピリしすぎだと思っています。
それなりに出来てたらいいじゃありませんか。
何かをして失敗するほうがなにもしないで失敗しないより偉いと思います。
習慣9
会社に縛られない準備をしておく。
これは重要だと思います会社がすべてという生き方はつまらないです。
いつ会社がなくなってもなんとかなる。
この準備は絶対に必要で 未来永劫、会社があるわけないんです。
昔栄えた炭鉱や造船、今は数えるほどの会社しかありません。
うちの会社がなくなくなるわけないって本気で思ってる人が多くてビックリです。
東芝、シャープ、たくぎん、武富士
ここいらの社員は会社がなくなる(買収される)って考えて就職したでしょうか?
会社がすべての生活をしていると会社がなくなったとき悲惨。
会社にぶら下がっていれば安泰な時代は終わっています。
生活のベースを会社以外のことに見つけて
軸足を会社から別の場所に移す準備をしておくべきだと思います。
習慣14
そういう人と思ってもらう
したいことをするには覚悟が必要です。
誰からもいい人と思われたい、みんなと同じに思われたい
この思いを捨てない限りゆるい生き方はできません。
みんなからそういう人だよね。って言われたら勝ちです。
どの本にも書かれてますがあなたが思うほど周囲の人はあなたを気にしてないってこと
結果を出した上で自分の優先順位や価値観をはっきりさせる。
それは会社に依存しないにも繋がる大事な思考かと思います。
習慣21
他人と比較しない。
本には
周囲の視線が気になるのは他者との比較の中で自分を規定しようとするからとあります。
違うのが当たり前の前提にたつと 他人と自分の比較は意味がないんですよね。
日本はみんなと同じが大好きです。
それが余計違うのが当たり前っていう当たり前なことを忘れさせてるのかもしれません。
子供は学校で勉強します。大人はしません。
子供のころ学校で習った今は当たり前じゃないことを当たり前だと思って
当たり前じゃないことを子供に説く。
考え方が違う子供に自分の当たり前を押し付ける。
これでは子供は混乱し反抗します。
今と昔は価値観やスピードがまったく違います。
昔の10年のスピードと今の10年のスピードは何倍も違うんです。
昔の考えが間違ってるのではなく 今の考えも取り入れて
凝り固まった思考を変える必要はあると思います。
学校で習う勉強ではなく思考というところで大人も勉強すると楽しいです。
なるほど、が死ぬほどあります。
そうだよね、が死ぬほどあります。
いつも同じ環境で同じ人といると思考は固まるので
本を読んだり講演会に行ったりして
インプットを増やす努力を自分からするようになると
人生すこし楽しくなってきますよ。
時間はつぶすものではなく
有効に活用してこその人生ではないでしょうか。
お問い合わせフォーム作成しました。
恋文、苦情、車のお問い合わせ、その他なんでもメッセージお待ちしていますww
ありがとうございました

コメント